トップページ > 災害により相続財産に被害を受けた場合の相続税の軽減
  相続税申告書をご自身で作成してみませんか 全国対応可能 ご希望の方はここをクリック


災害により相続財産に被害を受けた場合の相続税の軽減


相続税の申告期限前に災害により相続財産に被害を受けた場合には相続税が軽減されるのでしょうか

 相続税の申告期限前に、相続や遺贈によって取得した財産が、災害により被害を受けた場合において、次のいずれかに該当するときは、相続税額の計算におけるその財産の価額は、被害を受けた部分の価額を控除した価額とすることができます。
なお、災害により被害を受けた場合の相続税の軽減の詳細につきましては、当事務所にお尋ねください。

@ 相続税の課税価格の計算の基礎となった財産の価額(債務控除後の価額)のうちに被害を受けた部分の価額の占める割合が10分の1以上であること。
A 相続税の課税価格の計算の基礎となった動産等の価額のうちに動産等について被害を受けた部分の価額の占める割合が10分の1以上であること。

(注) 動産等とは、動産(金銭及び有価証券を除きます。)、不動産(土地及び土地の上に存する権利を除きます。)及び立木をいいます。




出所:国税庁ホームページ (転載にあたり国税庁の了解を得ています)




ページトップへ戻る


土日 祝日も対応 土日は要予約 電話045-532-4825 FAX045-532-4826 e-mail teruya@teruya-zeirisi.com 照屋寛直税理士事務所 横浜市青葉区奈良1-6-4グリーンリーフ107 財産継承 支援事務所

メインメニュー

事務所概要

メディア取材

その他