トップページ > 相続税はどのように納めるのでしょうか(金銭納付)
  相続税申告書をご自身で作成してみませんか 全国対応可能 ご希望の方はここをクリック


相続税はどのように納めるのでしょうか(金銭納付)


(1) 納付すべき期限
 相続税は、原則として、法定納期限(相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月目の日)までに金銭で納付することになっています。
(注)修正申告等に係る相続税は、次に掲げる日までに納付します。
@ 修正申告分 :修正申告書の提出の日
A 期限後申告分:期限後申告書の提出の日
B 更正・決定分:更正・決定通知書が発せられた日の翌日から起算して1月を経過する日


(2) 納付場所等
 税金の納付場所は、最寄りの金融機関(銀行、郵便局等)又は所轄税務署です。
 納付の際には、納付場所に用意してある納付書に住所、氏名、税額、申告書を提出した税務署名などを記入し、納付書に金銭を添えて納税窓口で納付してください。


(3) 納付が遅れた場合
 納付が定められた期限に遅れた場合には、法定納期限(相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月目の日)の翌日から納付の日までの間の延滞税を本税と併せて納付する必要があります。
 なお、延滞税の割合は次のとおりです。

@ 納期限の翌日から2月を経過する日まで………「年7.3%」と「前年の11月30日の日本銀行が定める基準割引率+4%」のいずれか低い割合(年単位(1月1日から12月31日)で適用)
平成21年11月30日の日本銀行が定める基準割引率は0.3%ですので、平成22年1月1日から同年12月31日までの期間に適用する延滞税の割合は年4.3%となります。

A 納期限の翌日から2月を経過した日以降………年14.6%

(注) 修正申告及び期限後申告による納付の場合は申告書を提出した日が納期限となります。


(4) 電子納税
 納付に当たっては、自宅や事務所などからインターネット等を利用して納付する電子納税をご利用いただけます。電子納税をご利用いただく場合の手続については、e-Tax ホームページでご確認ください。




出所:国税庁ホームページ (転載にあたり国税庁の了解を得ています)




ページトップへ戻る


土日 祝日も対応 土日は要予約 電話045-532-4825 FAX045-532-4826 e-mail teruya@teruya-zeirisi.com 照屋寛直税理士事務所 横浜市青葉区奈良1-6-4グリーンリーフ107 財産継承 支援事務所

メインメニュー

事務所概要

メディア取材

その他