トップページ > Q&A 私は相続税の申告書の提出が必要ですか?
  相続税申告書をご自身で作成してみませんか 全国対応可能 ご希望の方はここをクリック


Q&A 私は相続税の申告書の提出が必要ですか?

問: この度、父が亡くなり、父の財産を相続することになりました。相続税がかかる財産の価額の合計額が1億円、父の債務・葬式費用の合計額が1,000万円である場合、相続税の申告は必要でしょうか。相続人は母と姉と私の3人です。
 なお、3人で協議した結果、財産債務はすべて母が相続し、葬式費用も母が負担しました。


答: 課税価格の合計額(9,000万円)が遺産に係る基礎控除額(8,000万円)を超えていますので、財産を取得する人(母)は相続税の申告が必要です。
相続税の申告書は、相続の開始があったことを知った日(通常の場合は、被相続人の死亡の日)の翌日から10か月以内に被相続人の住所地を所轄する税務署に提出してください。

【課税価格の合計額】の計算 1億円 − 1,000万円 = 9,000万円
【遺産に係る基礎控除額】の計算 5,000万円 +(1,000万円×3人)= 8,000万円


出所:国税庁ホームページ (転載にあたり国税庁の了解を得ています)




ページトップへ戻る


土日 祝日も対応 土日は要予約 電話045-532-4825 FAX045-532-4826 e-mail teruya@teruya-zeirisi.com 照屋寛直税理士事務所 横浜市青葉区奈良1-6-4グリーンリーフ107 財産継承 支援事務所

メインメニュー

事務所概要

メディア取材

その他